━ 文具ユニオン 会員用 ━

「スケジュール&NEWS」管理者専用 使用方法


【概 要】
  「スケジュール&NEWS」はブラウザから管理者がパスワードを入力して、日毎のスケジュールや月間のニュースやお知らせを書き込める、カレンダータイプのプログラムです。
「ニュースやお知らせ」等のメッセージは月間表示モードの年月名の部分の横に掲載されます。
ユーザーが「スケジュール&NEWS」をクリックすると、常にその当月の月間ホワイトボードを表示するので、書き込む内容の月にこだわらず最新情報を掲載するスペースとして活用できます。
  表示モードは初期画面の月間ホワイトボードタイプと月間カレンダータイプ、年間カレンダータイプがあり、各々「ボード表示」「カレンダー」「年間」ボタンで切り替ります。
  月・年の移動は 「前月・次月」「前年・次年」ボタンで移動し、西暦の年数が表示された枠内に数値を入力するとその年に移動します。
  年間表示で書き込みのある日とマークのある日は背景色が変わります。 月の部分をクリックすると年間カレンダー表示する直前の月間カレンダー又は月間ボードに戻ります。
  その他「日時強調(本文の日時)」「検索」「月名・日名の部分」「本文末尾の▼やマーク」などに表示切り替えリンクや機能があります。(▼は本文が表示しきれていない場合クリックすると下部に全文を表示します。)

【基本的な入力方法】
  ■月間「ニュースやお知らせ」の入力方法■
  入力したい月間表示モードの下部にある「管理画面」用フォームにパスワードを入力し管理画面に入る。
  月名の部分をクリックしてから画面下部のメインの入力フォームにメッセージ等を入力し、必要に応じて「マーク」や「文字色」を設定する。(メイン入力フォームの右下選択メニュー)
  入力フォーム横の「更新」ボタンを押して表示状態を確認し、修正があれば修正して再度「更新」ボタンを押してから「管理終了」ボタンを押す。(更新せずに管理終了すると作業が反映されない)
   
【黒板風の目立つ表示のサンプル】
※メッセージを入力し「マーク」や「文字色」を設定するだけでも「ニュースやお知らせ」を表示でますが、参考までに以下のような黒板風の表示も可能なので入力方法をご案内します。


(2006.10月・11月に↑の表示をする下記記述を仮に入れてありますが、不要なら削除してください。)
■入力方法■
管理場面の入力フォームに下記フォームの文字記号全部をコピー&ペーストして「今月のお知らせ」と「○○○○○」の部分だけを書き換える。
他の記号等の解説は多少複雑で専門知識も含むため、ページ下部「その他のオプション」にてご案内します。


  ■「スケジュール」の入力方法■
  入力したい月間表示モードの下部にある「管理画面」用フォームにパスワードを入力し管理画面に入る。
  入力したい日付の部分をクリックしてから、画面下部のメインの入力フォームにメッセージ等を入力し、必要に応じて「マーク」や「文字色」を設定する。
  入力フォーム横の「更新」ボタンを押して表示状態を確認し、修正があれば修正して再度「更新」ボタンを押してから「管理終了」ボタンを押す。(更新せずに管理終了すると作業が反映されない)
  ■祝日設定と月別タイトルの入力方法■
  上記の要領で管理画面に入ってから下部の「祝日設定」ボタンから編集画面に進み、設定する日を選択して任意で内容を入力(全角で5文字、半角で10文字まで)し、「設定/変更/削除」をクリックする。
消去は消去するデータを選択した後に「設定/変更/削除」をクリックする。
なお祝日は表示されている年度内のみ設定や削除ができる。
  祝日設定を月のみの指定で行うと、月間表示の年数の下部にその月のタイトルを設定できる。
  次年以降の祝日設定をしたい場合は、表示を次年以降に進めてから設定や削除を行う。

【その他のオプション】
  多彩な用途に色々な方が活用できるよう開発されたこのプログラムは、その他にも多くの機能や設定方法がありますが、多少複雑で専門知識を含むものもあるため、必要に応じて容易に使えるオプションがあればご利用ください。
  ●選択表示マーク
  入力時に「選択表示」させる設定をすると、その日付のマークをクリックしたら表示画面の同一マークの日付のみを表示し、もう一度をクリックすると元画面に戻ります。(管理画面では選択表示設定時にフォームには表示しません。)
  ●日時強調表示
  画面下部の「日時強調」をクリックすると日時と判定できる入力された文字列を強調表示します。 強調表示時に「強調解除」をクリックすると強調表示を解除して通常表示に戻ります。
  ●検索表示
  検索フォームにキーワードを書き込み(最大半角で16文字 全角で8文字) 検索すると表示画面内の検索ができます。
  ●1行連続書き込み
  指定した範囲の日の全ての行頭に1行追加する便利な機能です。 メニュー選択方式のマクロ(自動化プログラム)を使って見出しの効果を出す事もできます。
 

連続書き込みは書き込み開始の日をクリックした後にテンプレートメニューの上にある1行入力フォームに内容を書き込み、必要ならば選択表示、背景色、文字装飾を選択しマークと文字色の選択と書き込み方式を設定し何日間又は何週間書き込みするかを選択した後に更新をクリックます。
新規又は書き込み指定日に既に書き込みがある場合、マークと文字色の書き込み方式には以下の3種類が選択できます。
 「無変更」…マークや文字色の指定は無効となりマークや文字色を変更せず行頭に1行追加されます。
 「行単位」…マクロで装飾されたマークや文字色が行頭に1行追加されます。
 「全体」…書き込み指定日のマークや全体文字色が指定の物に全て置き換わります。
1行入力フォームが空欄でマークと文字色の書き込み方式を全体にして何日間又は何週間書き込みするかを選択すると、一度の操作で該当する日の文字色やマークを指定した物に変更又は追加する事ができます。

  ●自動リンク
  入力フォームに表示されるhttp://で始まるURLの表記は自動的にリンクされ、URL直後の半角スペース又は行末まで囲まれた文字列をリンク文字として認識してリンク表示します。
リンクは一行に1つ可能です。
応用でURLを表示するには半角スペースで区切って同じURLを記述します。
【記述例】 http://www.bungu-union.or.jp/ http://www.bungu-union.or.jp/
URL以降に有効な文字が無い場合は▲でリンクされます。gif・jpg・png 画像は■でリンクされ、月間ボード枠内と年間又は月間カレンダーの詳細表示でプレビュー画像が表示されます。
  ●マクロ(自動化プログラム)表記
    【行頭に使えるるマクロ表記】
<>を記述することで月間カレンダーの行単位の表示選択をする事ができます。
<#777777>などを表記すると背景色が付き強調表示ができます。
晴#やハート#のように表記するとマーク選択メニュー内のマークを各行頭に表示できます。
又、最下行の行頭に!#を表記するとその日の返信を許可できます。このマクロを使用した行は編集画面以外では表示されません。

【行末に使えるるマクロ表記】
</B>又は<B>のように下記HTMLのタグ表記を入れると行単位の文字装飾ができます。
 使えるタグ(b・i・s・u・tt・big・small・blink・marquee・center)
#876543のように表記すると行単位の文字色変更ができます。
<BR>を記述すると改行が<BR CLEAR="all">と同じ改行方法になります。

以上の機能は以下のように複合して使用する事ができます。
<><#888888>晴#本文本文本文本文本文</B>#FFFFFF<BR>
マクロを複合表記する場合は番号の若い項目を先に表記してください。
  ●テンプレート
    登録/削除
メインの入力フォームのに登録したい文章を書き込み、テンプレートのNo.(#1〜#32)を選択し、必要なら右横の入力フォームに登録名を設定して登録のチェックボックスにチェックを入れてから、更新をクリックするとテンプレートが登録できます。
登録されたテンプレートを削除する場合は、一度削除したいテンプレートを呼び出し、 フォームの内容を空欄(改行も入れないでください)にした後に、登録のチェックボックスをチェックしてから更新をクリックすると登録名も含めて削除できます。
登録作業以降のフォームはテンプレート登録と編集/削除専用になります。
【呼び出し】
登録されたテンプレートを選択して更新をクリックすると、メインの入力フォームの書き込みに続けて登録内容が呼び出されます。
テンプレートに登録名が設定してある場合は選択メニューに登録名が表示されます。適宜書き込み内容を編集して更新をクリックすれば内容が更新されます。
  ●1行返信
    年間カレンダー以外の画面で返信可能な日付にリンクが付きます。(上記「●マクロ表記」項目の【行頭に使えるマクロ表記】参照)
日付をクリックすると詳細表示の下部に返信フォームが表示されますので、名前と返信内容を書き込み、お好みでメール、リンク、文字色を設定した後「返信」ボタンをクリックするとその日の書き込みに対して返信できます。
    【返信の表示】
年間カレンダーと月間カレンダーでは返信のある日付が斜体文字でリンク表示され、3日以内に返信があった新着がある場合は背景色が変わります。
リンクをクリックすると詳細表示の下部に返信が表示されます。ボード表示では返信が全て表示されます。

【返信の管理】

返信を削除するにはパスワードを入力をして管理画面に入り、削除する日をクリックするとメインの入力フォームの下にその日の返信一覧が表示されます。(管理画面ではセキュリティの都合上メール以外はリンクされずフォーム内にURLが表示されます。)
削除する返信を選択して「更新」をクリックすると返信が削除されます。
返信の親発言を完全に消去すると返信は全て削除されます。
閉じる
Copyright © 2006 東京都紙文具商業協同組合 All rights reserved.